マットレスのへこみで腰痛

低反発マットレス

 

低反発マットレスのへこみで腰痛!ベッドのへたりを復活させる方法は?

マットレスを使い続けているとへたりが復活しないので、お尻付近がへこみからだが沈んだ寝姿勢になってしまいます。

ベッドマットレスのへこみは朝に腰痛にもつながり、目覚めた時につらい思いをすることになります。

劣化が原因になっているので、この状態は時間が経っても改善されることはなく、より深く沈む込んで悪化をしていくだけになります。

そのため、マットレスのへたりを復活させるのか、新しいのに買い替える必要があります。

低反発マットレスを使い始めた人だともともと沈むやすくなっているので、劣化とは関係がなく最初から沈んでしまうこともあります。

腰痛には低反発より高反発が良いと言われるのは、体重が軽い人以外だと同じ状態に購入時から悩まされてしまうからなのですね。

「マットレスのへこみで腰痛になる原因やへたりを復活させてそのまま使い続けたい人」は、このまま読み続けてください。

マットレスのへこみが腰痛になる原因

マットレスの寿命はへたることでへこむようになったらと言われています。

マットレスがへこむようになると、寝姿勢は腰がくの字に曲がったような状態となるので、睡眠中に腰への負担が継続して強くかかることになります。

本来であれば寝返りをすることで負担がかかる部位を変えたりするのですが、へこんでいることで横向きに変えづらい為、自然と回数が減るようになります。

そのため、マットレスのへこみによって腰痛に悩まされるようになり、人によっては肩こりや背中の痛みになる原因になるのですね。

寝ている時に負担がかかりやすいのが、お腹やお尻と脂肪があり重たい腰回りであり、次に強く接している肩や背中の部分です。

ようするにマットレスのへこみは腰に負担が集中する寝姿勢を長時間し、寝返りで体制を変える回数が減るので、朝に目覚めた時に腰痛に悩まされるようになります。

低反発マットレスがへこみ腰痛の人は?

マットレスは寝具屋で試し寝をしても失敗をしやすいと言われますが、短時間の睡眠では分からないだけでなく、寝心地が良いのがからだに合うとは限らないからです。

寝心地の良いメリットがある低反発マットレスはもともとへこみやすいので、体重や体型に合っていない硬さだと腰痛に購入時から悩まされることもあります。

そのため、寝具は低反発よりも高反発を選ぶと良いと言われ、ある程度の硬さのあるマットレスや敷布団を選ぶと失敗をしづらいです。

但し、必ずしもマットレスのへこみがいけないのでもなければ、低反発より高反発が良い訳でもありません。

詳しくは「高反発と低反発のマットレスでどっちが腰痛に良いかの違いは体系次第」で解説をしていますが、体重が軽ければ低反発の方が腰痛に良いこともあります。

低反発マットレスがへこみ腰痛の人は根本的に体重に合っていないので、対策にも効果の限りがあり全く効き目がないこともあるので、買い替えを検討をした方が良いです。

ベッドマットレスのへたりを復活させる方法

ベッドマットレスによるへたりを復活させる方法は寿命と言われるように残念ながらありません。

しかし、全く対策が無いわけではないので、この後紹介する方法でそのまま使い続けることができる可能性があります。

敷布団やマットレスなどの寝具がへこむようになったのなら、下記のどちらかを選ぶ必要があります。

ベッドマットレスのへたりを復活させる方法

  • マットレスパッドによる対策
  • 寿命なので買い替える

ここからはマットレスパッドによる対策とどんな状態なら買い替えを検討をした方が良いか分かるように解説していきます。

マットレスパッドによる対策

マットレスパッドとは寝心地を良くする為に、敷布団やマットレスの上に敷く薄いパッドのことを言います。

本来であれば寝心地改善の用途ですが、へたりによってへこむようになっても、マットレスパッドがからだを支えるので、復活することはなくともそのまま使い続けることができるようになります。

しかし、もともと薄いマットレスパッドの下の部分は完全に元の状態になる訳ではないので、マットレスを長く使うように、この対策を5年のように維持することはできません。

マットレスが軽くへこむ程度であればこの対策を行って、数年は使い続けることができるようになります。

マットレスのへこみは寿命なので買い替える人が多い

マットレスがへこむようになると寿命でもあるので、買い替えを検討をする人が多いです。

マットレスパッドによる対策は効果がありますが、長期間を使い続けることができる訳ではありません。また、元の状態と同じようになる訳ではなく、下にひいてる寝具はへこみがあるままです。

あくまでへこみを改善する対策であり、元通りに復活ができる訳ではありません。

睡眠は毎日のことでもあり、1日の疲れを取る大事なことですが、しっかりと休息が取れていないと腰痛や背中の痛みや肩こりだけではなく、やる気が起きないなどのことにもつながってきます。

そのため、できるだけマットレスがへこむのであれば、なんとかへたりを復活させるのを検討するのではなく、個人的にも新しいのに買い替えをするのをおすすめします。

あなたの体重や体型だとどれぐらいの硬さが良いかなどは「本当に腰痛に良いマットレスの選び方」で解説をしているので、買い替えをするか決まっていない人でもご覧になっておくようにしましょう。

最近の記事

  1. マットレスのへこみで腰痛
  2. コイルの種類の選び方
  3. 点で支えるマットレス
  4. どっちが腰痛に良いかは体系次第
  5. 騙されて高反発なのに腰痛が悪化
PAGE TOP