どっちが腰痛に良いかは体系次第

腰痛に良いマットレスとは

高反発と低反発のマットレスでどっちが腰痛に良いかの違いは体系次第

更新日:

朝の腰痛がひどくマットレスを変えようと思った時は高反発か低反発かのどちらを使うかが大事です。

高反発マットレスは沈み込みを減らせるので、腰痛に良いと解説がされていることが多いです。

ただ、人によっては低反発マットレスを選んだ方が腰痛に良い人もいたりします。

高反発と低反発でどっちが腰痛に良いかはあなたの体系次第でも変わってくるのですね。

高反発マットレスと低反発マットレスでは明確に違いがあり、必ずしも腰痛の原因が沈み込みにある訳ではありません。

それにも関わらず片方の方が腰痛に良いからと誘導をしている情報も見かけたりします。

この記事で本当はあなたが高反発と低反発のどっちを選ぶと良いのかがこの記事を読むことで分かるように解説してます。

高反発と低反発でどっちが腰痛に良いかの判断

高反発と低反発のマットレスがどっちが腰痛に良いかは「あなたの体系次第による」が正しい判断です。

腰痛に良いのを選ぶためにはからだにあったのを選択する必要があります。

そして、それは沈み込みが深いのでもなければ、全く沈み込みないのでもありません。

寝た時の姿勢が適度に沈みこむのがあなたにあったマットレスなのですね。

そのため、体重などの体系にもよって高反発か低反発かどっちが腰痛に良いかの判断は変わってきます。

どっちのマットレスをあなたが選ぶと良いかの判断について詳しく解説していきます。

腰痛に高反発マットレスが良い人

高反発マットレスが腰痛に良い人としては体重の重たい人です。

体重の重たい人は寝た時にどうしてもお尻付近が深く沈み込むので、腰が曲がった姿勢が続くことで腰痛に悩まされます。

そのため、高反発マットレスで沈み込み過ぎないようにすることで、腰痛にならないようにすることが大切です。

特にスプリングマットレスである「ボンネルコイル」を選べば、体重全体をひとつになったコイルがからだを支える効果があります。

マットレス全体が沈み込むようになっているので、体重が重たい人でも全身がへこみ、負担のかからない姿勢を維持することができます。

あなたが体重が重たいのであれば、腰痛には高反発マットレスを選んだ方が良いです。

腰痛に低反発マットレスが良い人

低反発マットレスが腰痛に良い人は体重の軽い人です。

体重の軽い人はマットレスが全く沈み込まないので腰痛に悩まされるようになってきます。

そのため、低反発マットレスであれば寝た時にお尻の部分が適度に沈んでくれるので、背中のS字ラインも接するのでからだに楽な姿勢となります。

特に「ポケットコイル」を選べばからだ全体を点で支えるので、軽くてもお尻の部分が適度に沈み込んでくれます。

体重をマットレス全体が支えるのではなく、ひとつひとつのコイルが持ち上げるようになっているので、強く接している腰回りや肩の付近が沈み込みやすくなっています。

あなたが体重が軽いのであれば、腰痛には低反発マットレスを選んだ方が良いです。

腰痛に良いのは高反発か低反発のマットレスで選ばない

腰痛に良いマットレスの情報や口コミは怪しいのもたくさん見かけます。

体系などの判断もなしに高反発か低反発かでどっちが腰痛に良いかを選べることはありえません。
だからこそ寝具屋には様々な反発力の敷布団やマットレスが販売をされています。

それにも関わらずどっちかの一択が良いと紹介されていることもあり、騙されて失敗をしている人も多いです。

あなたが腰痛に悩まされているのであれば、高反発か低反発かのどっちが良いかは、あなたの体系から選ぶようにしてください。

また、どちらのマットレスにしても反発力の強さには、どれかによっても大きく変わってきます。

どれぐらいの体重がどれぐらいの硬さの反発力を選ぶと良いかは「腰痛に良いマットレスの選び方」で一覧表を掲載しているので参考にしてください。

高反発と低反発のマットレスの違い

高反発と低反発のマットレスで大きな違いは3つあります。

高反発と低反発のマットレスの違い

  1. 反発力・硬さ
  2. 耐久性
  3. 寝心地

必ずしも寝心地が良いのがあなたのからだにあったマットレスである訳ではありません。

そのため、どちらを使うと良いかは高反発と低反発の違いを参考にするようにしてください。

硬さが高反発か低反発かで違う

高反発と低反発のマットレスでは硬さが全く違います。

マットレスの硬さはニュートン(N)で記載がされますが、数字が大きく硬いのが高反発で少なく柔らかいのが低反発です。

そしてどちらのマットレスも特定の硬さである訳ではなく、様々なニュートンの違いがあります。

からだあったマットレスを選ぶ時に最も大事なのがこのニュートンの硬さの部分です。

高反発も低反発も以前に使ってよかった人でも、同じ反発力を選んでも硬さの違いによって、腰痛や疲れが取れないなど悩まされることもあります。

高反発と低反発のマットレスで最も違いがあるのがこの硬さの部分となります。

耐久性が高反発か低反発かで違う

高反発か低反発かのマットレスでは耐久性が違うので、使い続けることができる期間も異なってきます。

耐久性に良いとされるのが高反発のマットレスで5年から長ければ10年使えることもあります。

低反発のマットレスは耐久性が悪く短ければ3年ぐらいで、長くても5年ぐらいで寿命がきてしまいます。

このマットレスの耐久性や寿命の判断は、へたりなどによって元の状態に戻らずに、へこんだりしてしまうようになるかです。

高反発だともともと反発力も強く深くは沈み込まないので、復元力もあり長く使えます。

低反発は逆にへこむようになっているので、復元力が弱く耐久性が悪くなる特徴があります。

低反発か高反発かで耐久性が全く違うので、どれぐらいの期間を使えるかの寿命は変わってきます。

但し、あくまで期間は目安でありどのマットレスを選ぶかにもよって変わってきます。

寝心地が高反発か低反発かで違う

高反発か低反発で寝心地の良さも違いがあります。

日本人は「柔らかくてふかふかの布団」が気持ちいいと感じる人が多いです。

そのため、低反発マットレスの方が柔らかいので寝心地が良いと感じやすいです。

高反発マットレスだと硬めなので、寝心地が悪いと感じることも多く、はじめて使うと慣れるまで2週間ほどかかることもあります。

寝具屋で試し寝をしてマットレスを選んでも腰痛に悩まされたと失敗をしやすいのは、この寝心地の違いからくるものです。

短時間寝ただけであれば低反発の方が気持ちいので、からだにあっていると勘違いをしてしまいます。

私自身も腰痛に悩まされていましたが低反発の方が気持ちいいと感じますが、朝に起きると疲れが取れていないのが分かります。

寝心地がからだにあっているかに直接関係をする訳ではないのですね。

長い睡眠時間を同じマットレスで過ごした時の寝心地が本当に良いのを選ぶ必要があります。

腰痛には高反発と低反発のマットレスのまとめ

低反発と高反発のマットレスでは違いがあるので、どちらを選べば良いかは体系次第になってきます。

腰痛にどっちが良いかあなたの体系が重たいのか軽いのかで判断をすることができます。

全ての人がどちらを選んだ方が良いなんてことはないので、そういったのを信じると失敗をすることになります。

また、必ずしも寝具屋で試し寝をすればいい訳ではありません。

寝心地は低反発マットレスの方が柔らかいので気持ちいいと感じる人が多いからです。

事前に体重に合わせて反発力を選ぶのか試し寝ができるのであれば、軽くお尻や肩の付近が沈んで楽なのかで判断をするようにしましょう。

最初から高反発か低反発かで選ぶのではなく、あなたのからだにあったのはどっちなのかで選択をしてください。

睡眠は1日の疲れを取る大事な部分なので、きちっとリラックスができるマットレスで寝れば、からだだけでなく気分も上向きとなり快適な1日が過ごせるようになります。

-腰痛に良いマットレスとは

Copyright© 本当に腰痛に良いマットレスの選び方!怪しい腰痛マットレスの口コミの罠 , 2019 All Rights Reserved.